オール電化 デメリット

オール電化のデメリットをわかりやすく解説

オール電化のデメリットをわかりやすく解説

オール電化には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

オール電化はガスや灯油を一切使わないシステムとして近年急速に普及していますがデメリットも多々あります。

 

オール電化の中心となるのがIHクッキングヒーターですがIHは、ガスコンロと比較すると火力が劣ってしまったり、調理時に使用する鍋に制限が出てきてしまいます。

 

調理を本格的に楽しむ方にとっては、慣れるまでは多少不満点もあるように思えます。

 

ガスからIHクッキングヒーターにすることで鍋やフライパンをIH対応のものに買い換える場合もありますので予算が大きくなってしまいがちなのがオール電化のデメリットと言えます。

 

この他オール電化のデメリットとしてあげられるのが電気温水器のタンクが大型なものとなってしまうことや、電磁的の問題があげられます。

 

オール電化はシステムの都合上、新たに設置スペースを確保する必要があり大きさゆえにベランダなどに設置する場合は補強工事が必要な場合があるなどのデメリットがあります。

 

電磁的の問題ではペースメーカーを使用している方にとっては注意が必要です。

 

過去の事例には、一時的な電磁波の影響でペースメーカーの設定がリセットされてしまったという事もありますのでオール電化を導入する場合はこうしたデメリットも考慮し導入されることをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり