リクシル 太陽光発電 デメリット

リクシルの太陽光発電のデメリットをきちんと理解しよう

リクシルの太陽光発電のデメリットをきちんと理解しよう

リクシルの太陽光発電を導入する際、そのデメリットについて考えておくのは賢明です。

 

リクシルは、住生活グループの中でも最大の事業です。

 

リクシルグループは、2011年3月期の売上高が1兆2,000億円を超えています。

 

つまり、日本を代表する企業の1つなのです。

 

では、リクシルの製品を導入するならば、どんなデメリットを考慮に入れておくと良いのでしょうか?

 

 

リクシルのデメリットとして、高額単価になる場合があるということです。

 

住宅メーカーから勧められたものの、補助金も出ないくらいの高額単価だったので、他社の太陽光発電にされた方もおられるようです。

 

もちろん、価格というものは業者によって大きく異なります。

 

 

とはいえ、リクシルの製品に対して「特に特徴もなく、価格も特別安くない」というデメリットがあるようです。

 

それで、太陽光発電のパネルはサンテック製であるものの、価格は国産製品とあまり変わらないのがデメリットの一つになります。

 

 

どのメーカーにも、メリットやデメリットはあります。

 

しかし、リクシルの太陽光発電は国内トップレベルに達していること間違いありません。

 

それで、太陽光発電についてさらに情報をお探しの場合、このサイトでも紹介している「タイナビ」というサイトをご利用なさると良いかと思います。

 

きっと、太陽光発電について満足のいく情報が見つかるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり