産業用太陽光発電 全量買い取り

産業用太陽光発電の全量買い取り制度とは?

産業用太陽光発電の全量買い取り制度とは?

産業用太陽光発電の全量買い取り制度とは何でしょうか?

 

産業用太陽光発電とは、一般家庭以外に設置されている太陽光発電システムのことです。

 

最近、日本で新たな制度がスタートしたことから、今大きな注目を浴びている分野です。

 

では、産業用太陽光発電の全量買い取り制度について簡単にご説明いたします。

 

産業用太陽光発電の全量買い取り制度とは、事業所などの非住宅で発電した全ての電力を電力会社に一定の価格で買い取ることを義務付ける制度のことです。

 

この全量買い取り制度は、10kW以上の太陽光発電システムを導入した場合に利用することができます

 

これは一般家庭に適用されている余剰電力買取制度とは異なり、全ての電力を売ることができます。

 

それで、一般家庭の場合よりもより多くの売電収入を期待することができるのです。

 

さらに、遊休スペースや未利用地にそれら産業用のシステムを設置することもできるようです。

 

そうすることで、安定的な収入源を確保することにもつながります。

 

産業用太陽光発電の全量買い取り制度について、少しお分かりいただけたでしょうか?

 

もし、産業用太陽光発電の全量買い取り制度について、他にも情報をお探しなら「タイナビnext」というサイトを活用なさってはいかがでしょうか?

 

さらに詳しい情報を見つけることができるかもしれませんよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり