太陽光発電 売電価格

太陽光発電の売電価格|2013年度以降の変動

太陽光発電の売電価格|2013年度以降の変動

太陽光発電のシステムを導入する前に、売電価格についても理解を深めておくことは重要です。

 

では、現在の売電価格はいくらなのでしょうか?

 

また、今後どのような変動が予想されるのでしょうか?

 

実は最近、太陽光発電における売電価格が値下げされることになりました。

 

これまでは、一律42円だったものが、10kW未満の家庭用は1kWhあたり38円に、メガソーラーなどを含む10kW以上の事業用は37.8円に引き下げられたのです。

 

住宅用の売電価格について、これまでの経過をまとめてみますと、2009年は48円、2011年には42円、そして2013年に38円と下降傾向にあります。

 

2011年の42円は、丸2年間と長く続きました。

 

これはたまたまで、基本的には毎年見直しされるものです。

 

理論的に考えますと、このまま売電価格の38円が続いたり、上がることがないわけではありません。

 

とはいえ、太陽光発電システムの導入にかかる費用がどんどん安くなっています。

 

それで、これらの要素を考慮にいれると、太陽光発電における売電価格は少しずつ下がることになると予想されます。

 

以上が、太陽光発電の売電価格と今後の変動についての予想です。

 

さらに、太陽光発電についてお知りになりたい方は、「タイナビ」というサイトを活用なさるようお勧めいたします。

 

きっと、参考になる情報が沢山見つかることでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり