太陽光発電 売電 仕組み

太陽光発電の売電の仕組みについてわかりやすく解説

太陽光発電の売電の仕組みについてわかりやすく解説

太陽光発電の売電の仕組みをよく理解してから、太陽光発電の導入を検討するようになさってください。

 

太陽光発電における最大の魅力は「売電」です。

 

システム自体が発電した電気は、なんと電力会社に売却することによってお金をもらうことができます。

 

しかも、2009年11月からは売電価格の引き上げにより売電への関心も高まっています。

 

では、太陽光発電の売電と仕組みとはどのようなものなのでしょうか?

 

簡単にその仕組みをご説明いたしますと、「発電した量から家庭内で消費した量を差し引いた電力」が売電の対象となります。

 

例を挙げますと、20kWhの電力を発電し、家庭で8kWhの電力を消費した場合、12kWhを売電することになります。

 

平成25年度においては、1kWあたり38円で売却できます。

 

それで、38円×12kW=456円を電力会社からもらうことができるのです。

 

平成23年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に制度が変更されました。

 

それに伴って、超大規模なメガソーラーと、住宅用のシステムで仕組みが異なることになりました。

 

産業用の大規模なメガソーラーでは発電した電気をすべて売電できる全量買い取り制度というものもありますので詳しく知りたい方はこちらのページを参考にしてみてください。

 

以上が、太陽光発電の売電の仕組みとなっています。

 

さらに、太陽光発電の売電と仕組みについてお知りになりたいようでしたら、このサイトでも紹介している「タイナビ」というサイトを活用なさってはいかがでしょうか?

 

きっと、役立つ情報が沢山見つかると思いますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり