太陽光発電 原理 仕組み

太陽光発電の原理と仕組みをわかりやすく解説

太陽光発電の原理と仕組みをわかりやすく解説

太陽光発電の原理と仕組みをよく理解してから、太陽光発電の導入を検討するのは知恵の道です。

 

では、太陽光発電の原理と仕組みとはどのようなものなのでしょうか?

 

太陽光発電は、半導体に光を照射すると電流を発生するという「光電効果」の原理を利用しています。

 

N型シリコンとP型シリコンの接合面に太陽光が当たることで、マイナスの電荷をもった電子とプラスの電荷をもった正孔が発生します。

 

電子はn形半導体へ、正孔はp形半導体へ引き寄せられ光起電力が発生し電流を発生する仕組みになっています。

 

発生する電流の大きさは、光の強度に比例しています。

 

ここで発生した電流は直流ですから、そのまま使用することはできません。

 

太陽光パネルで発生した電流を使用できるものに変換するため、パワーコンディショナーが必要になるのです。

 

パワーコンディショナーは、太陽電池が発生させる直流電力を最大限引き出すように制御し、交流電力に変換するという仕組みがあります。

 

加えて、配電線に悪影響を及ぼさないために保護装置を内臓していたり、自立運転機能も備えていて、停電時に1.5KW程度の負荷に電力を供給する機能も併せ持っています。

 

以上が、太陽光発電の原理と仕組みになります。

 

さらに、太陽光発電の原理と仕組みについてお知りになりたい方は、「タイナビ」というサイトを活用なさってください。

 

太陽光発電の原理や仕組みに加えて、満足のいく情報が見つかると思いますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり