太陽光発電 地震

太陽光発電は地震が来ても大丈夫なの?

太陽光発電は地震が来ても大丈夫なの?

今話題の太陽光発電ですが、地震が来たらどうなるのでしょうか?

 

屋根に付けているパネルが家の耐久性を低下させ地震に悪影響を及ぼす可能性持などあるのでしょうか?

 

それとも、地震と同時に屋根から外れて落ちてしまうのでしょうか?

 

東北大地震の後、「太陽光発電を設置して地震の時大丈夫なのか?」という問い合わせがメーカーや業者に殺到したようです。

 

結論から申し上げますと、震度6ぐらいまでの地震では基本的に被害が発生するようなことはありません。

 

これは、家がしっかりしていいることや施工マニュアルに則って太陽光発電の設備が正しく施工されている場合です。

 

構造の面からしても、屋根の補強になることはあってもパネルの重量で家が倒れたり、パネルがずれ落ちたりということはないようです。

 

東北大地震の被災地において、太陽光発電の設置が家屋倒壊を招いたと考えられる明らかな例は見つかりませんでした。

 

それで、太陽光発電の設置が単純に家屋の耐震性を低下させ、地震による倒壊のリスクを高める可能性については考える必要はないようです。

 

今後地震への関心が高まる中でその対策についても考えなければならなくなっています。

 

太陽光発電は設置するメーカーはもちろんのこと施工してもらう業者も重要になってきます。

 

地震がきても影響のないよう優秀な企業に施工を依頼するようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり