太陽光発電 買い時

太陽光発電の買い時はいつなの?

太陽光発電の買い時はいつなの?

今話題の太陽光発電ですが、みなさんその「買い時」について考えられたことおありでしょうか?

 

システムの導入をお考えの方の中にも、「もう少し安くなった時が買い時」とお考えの方がおられるはずです。

 

では、太陽光発電の買い時は一体いつなのでしょうか?

 

今、政府や地方自治体が太陽光発電の導入にあたり準備している補助制度や電力買取制度は、太陽光発電の導入を促進するためものです。

 

また、政府は早く導入した家庭とシステムの価格が下がって設置した家庭との間で不公平が生じないようにも気を配っています。

 

それで、太陽光発電の導入にかかる費用が下降傾向であるのに伴い、補助金や電力買取価格も当然下がることになるのです。

 

つまり、いますぐ導入しても、システムの価格が下がってから太陽光発電を導入しても、自己負担はあまり変わらないということです。

 

太陽光発電システムは、確かに高額な買い物です。

 

それで、買い時を誤ってはいけません。

 

とはいえ、太陽光発電を導入することで毎月の電気代が安くなり、余剰電力を売電できますから、比較的早く初期投資費用を回収できます。

 

その後も、わずかなメンテナンス費用でさらに10年以上にわたって発電し続けることができるのです。

 

長く住み続けたり、子どもが住み続けることが確実な場合、早めに導入しておけばその分経済的メリットが高まります

 

補助金も、予算がなくなり次第終了するものです。

 

こうした要素を考える時に、買い時は「できるだけ早く、補助金があるうち」と結論できるかもしれません。

 

つまり、買い時は今なのです!

 

太陽光発電の買い時について、少しお分かりいただけたでしょうか?

 

もし、まだ悩んでいるようなら見積もりを取ってみてはいかがでしょうか?

 

見積もりを取ればだいたいの金額が分かりますし、業者から詳しい話を聞くこともできます。

 

また見積もりを取ったからと言って必ず導入しなければいけないということもありませんので安心して見積もりを取ってみてください。

 

私がおすすめしているのは当サイトでも紹介している「タイナビ」というサイトです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり