太陽光発電 家庭 法人

太陽光発電の家庭用と法人用の違い

太陽光発電の家庭用と法人用の違い

太陽光発電において、家庭用と法人用ではどのような違いがあるのでしょうか?

 

太陽光発電は、最近注目を集めている分野です。

 

日本でも新たな制度がスタートしており、さらなる発展が期待されています。

 

ここでは、太陽光発電における家庭用と法人用の違いについて簡単にご説明させてください。

 

家庭用と法人用の主な違いとして、設置対象範囲と費用の違いがあります。

 

家庭用は低圧電灯契約の電力を使用している建物で、3階建以下の高さに設置することができます。

 

一方、法人用は、主に高圧や特別高圧といった電力を使用している建物が対象です。

 

そして、4階建以上の高さにも対応できます。

 

では、採算が取れるのはどちらでしょうか?

 

太陽光発電において、家庭用よりも法人用の方が断然お得です。

 

規模でいいますと、10キロワット未満が家庭用で、10キロワットを越えると法人用になります。

 

それで、10キロワットのパネルがのる広い屋根を持っているなら、無理をしてでも法人用の太陽光発電を設置なさってください。

 

太陽光発電においる家庭用と法人用の違いについて、少しお分かりいただけましたか?

 

もし、太陽光発電における家庭用と法人用の違いについて、他にも情報をお探しなら「タイナビnext」というサイトを活用なさるようお勧めいたします。

 

きっと、他にも役立つ情報が見つかると思いますよ。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
太陽光発電の一括見積もり 産業用太陽光発電の一括見積もり オール電化の一括見積もり